studio PEAK▲HOUR | STORE

HOME > SELECT > グレート・ザ・歌舞伎町 / GREAT THE KABUKICHO

SIZE
W157mm / H222mm / D41mm 432ページ
説明
グレート・ザ・歌舞伎町
写真家。東京生まれ。主に雑誌、広告にて活動。2013年、写真展「若松孝二」(B GALLERY)を開催。作品集に、ダライ・ラマ14世との共著『抱くことば』がある

www.greatthekabukicho.com

歌舞伎役者を模したルックスで人気を博し、“東洋の神秘”と謳われてアメリカでも活躍した名レスラー「ザ・グレート・カブキ」(現在は飯田橋で居酒屋を経営)。東洋一の繁華街として名を馳せ、今尚、合法と非合法が入り乱れる“眠らない街”「歌舞伎町」。

本人は「何の意味もないけれど」と断るが、上述のふたつの名を“強引”にドッキングした名を冠する写真家、グレート・ザ・歌舞伎町の遅すぎたデビュー作とも言える写真集「Great The Kabukicho」。

本作は主に、2000〜2015年にかけて撮影されました。皇居前広場から福島第一原発へ。六本木の米軍基地、恐山、後楽園ホール、闘犬、刺青、暴走族、デモ、御柱祭、バーニングマン、鬼、ダライ・ラマ14世、リー・ペリー、皆既日食、若松孝二、東日本大震災、祝島、大飯原発、キューバ、北朝鮮、広島、富士総合火力演習…………。一見、脈略のない写真の連なりに見えますが、ページをめくるたびに脳髄を揺さぶるのは、現代ニッポンの凹凸とも言うべき“違和感”と“おかしさ”。

是非是非、本作を手にとって、ぶん殴られてみてください。


初版500部 2015年7月24日 発行 写真=グレート・ザ・歌舞伎町 編集=山田源造、仲田舞衣 造本=町口景 発行=DOUMORI PUBLISHING 印刷・製本=オノウエ印刷
  • 6,500円(税込7,020円)